FC2ブログ

記事一覧

5月7日(火) 今年初めての全校集会

8時前、小学部、中学部の児童生徒がアセンブリーホールに集まります。
今日は今年初めての全校集会、しかも児童会、生徒会が中心の集まりです。司会も児童生徒です。

まずは、児童会長、生徒会長と各委員会の委員長の認証を校長名で行いました。今年から児童会、生徒会が分かれて活動をします。
委員長

小中併設の日本人学校では、小中一緒の活動をするメリットはたくさんあります。でも、中学生がリーダーとして存在していると、児童会は中学生に頼ってしまいがちで6年生が最高学年としての力を発揮できません。
一方、生徒会も小学生の活動をあわせていると、中学生らしい活動に制限が出てきてしまうことがあります。
そのような理由から、児童生徒もともに解決策として児童会、生徒会を別にすることを始めたのです。

その児童会長(6年生)、生徒会長(中3生)が一緒に登場し、五月の生活目標を発表しました。
「新しい友達を増やそう 生活の決まりを覚えよう」の二本立てです。
五月の生活目標

次に、委員長たちがステージに登壇して大きなこいのぼりを披露、そのこいのぼりのうろこは一枚一枚紙が貼られています。どうやらこの用紙は、児童生徒一人一人の手によるもので、それぞれの一年間の決意がしたためられているようです。
こいのぼりに込めた決意

一通りの活動が終わると、子供たちは小学1年生を先頭に一列になって教室に戻ります。出口近くで見送ると、一人一人が「おはようございます!」と私に挨拶をしてくれます。
登校時にも、入場の際にも朝のあいさつをしていますので、これで今朝のあいさつ3回目です。
でもあいさつは何度しても気持ちの良いものです。その上、満面の笑顔を見せてくれました。
私自身が「今日もこの笑顔から力をもらったので頑張るぞ!」との思いを強くしました。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント