FC2ブログ

記事一覧

6月7日(金) 歯科検診を実施しました

今朝もあいさつ運動がありましたが、お客様の対応でその様子を見ることはできませんでしたので、写真を掲載してのお伝えはできません。また次の機会に。

そのお客様は、日本からで、群馬大学の先生です。今、文科省では、「トビタテ!教員プロジェクト」というグローなる人材育成のための重要な事業を進めていますが、その活動の一つとして、「教育実習を日本人学校で!」とのことを、力を入れて実現させようとしています。日本人学校での教育実習が、大学の単位として認められるよう、法整備も平成30年12月に終わったようです。
その教育実習を本校で行うための打ち合わせにわざわざ日本からお越しいただきました。
実はこの先生は、JICAプログラムの「初等教育カリキュラム改訂プロジェクト」に案化されており、毎年何度もヤンゴンには来ている方なのです。
ヤンゴン日本人学校に教師を目指す学生が来る日が近くなりました。

9時、お客様です。今度はお医者さんです。
昨日から本校では歯科検診を実施しています。毎年、長い間ボランティアでミャンマーに住む日本人だけでなく、ミャンマー中を回って、現地の人たちの歯科検診をしている情熱いっぱいの先生です。
この先生のお声掛けで、ヤンゴンで開業されている歯科医師さんを含めて、昨日は5人、l今日は4人の先生が幼稚園児から中学生まで一人一人じっくりとお口の中をチェックしてくれました。
歯科検診

総じて低学年はしっかりと磨けているようですが、親の手が離れるようになると、磨きがあまりよくない、とのお話しをうかがいました。
この検診を機会に、ご家庭で歯磨き習慣を見直しましょう!
スポンサーサイト