FC2ブログ

記事一覧

4月24日(水) 登校風景

4月24日(水)

今日も晴れ、乾期ですから100%雨はありません。
外での行事は組みやすいヤンゴンです。
でも毎日40度という、この暑さでは、日本での春の運動会はとても厳しく、開催できません。そこで、ヤンゴンでは運動会は乾期でもまだ気温がそれほど高くならない頃、1月に設定しているようです。降雨確率は0%のようなので、予備日はありません。
開催日近くなると天気予報を気にかけ、前日にはみんなで気をもみ、当日少しでも雲行きが怪しいと決行するかどうか悩む日本の学校が聞いたらうらやましいかぎりです。

学校が始まってまだ4日目です。ヤンゴン日本人学校では、毎日、楽しく、活発な活動をしている子供たち、私にとっては新鮮で、好奇心をそそられる出来事がいっぱいです。
毎日このページにたくさん掲載したいことがあるのですが、今日は朝の登校風景だけに絞ります。

ヤンゴン日本人学校の園児・児童・生徒の登校する時間は早く、朝7時過ぎには学校についている子供がいるようです。
今日も私が出勤すると、まだ涼しい屋外体育館でドッジボールをする子供たちの姿がありました。

7時30分を過ぎると正門前に車が次々と停まります。
おうちの車(ドライバーが運転していますが、中にはお母さん自らハンドルを握っている自動車も見つけました)やタクシーで保護者と一緒に、バス会社が運営する4台あるスクールバスから子供たちが降りて、「おはようございます!」と元気に挨拶をしてくれます。

じっと私を見つめてくる小学生がいました。「私の顔に何かついている?」と聞いてみると、「校長先生の帽子が珍しくて・・・。」との返事でした。
朝、正門は南向きですので、東から昇りくる太陽の、熱い光線がそのままあたります。そこで子供たちのお迎えには、昨日から帽子をかぶることにしたのです。
好奇心の旺盛さは、人の成長にとって大事な要素です。大人も、子供たちの素朴な疑問に答えてあげることが大切です。
私は「ヤンゴンのお日様が暑くて、まぶしくてかぶることにしたんだ。みんなも外で遊ぶ時には帽子をかぶっているよね。」と応じました。

バスにはバス会社の添乗員の女性が二人乗っています。降車するときには、特に幼稚園児や低学年の子供には手を差し伸べて安全を確保しています。この子たちにはバスのステップや、正門前の段差は大きくて踏み外すこともあり危ないのです。
7時50分頃にはほとんどの送りの車はなくなりました。
424toukou.jpg


先日、このページでヤンゴン日本人学校の表札は、安倍総理大臣の筆跡だと、述べましたが、その証拠写真を。
424genkan.jpg

424kanban.jpg

424kanbanhokokara.jpg
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント