FC2ブログ

記事一覧

6月17日(月) ヤンゴン市長訪問に向けて

朝のあいさつ運動はピーク前の早め時間にシャッターを切りました。
あいさつ運動

こんなおだやかなひとときが、この後、大勢の子供たちの声で一気ににぎやかになります。

小学部4年生以外は全員下校、特別設定の6時間目は小学部4年生だけの授業です。
私たち教員は、絶えず研修を行い、教師としての力量を向上させることが責任であり、使命でもあることは教育基本法に明記されています。
ヤンゴン日本人学校では、これからのグローバル人材とするべく、子供たちの「思考力・判断力・表現力」を培うために、「学び合いスタイル」を実現しようとしています。
今日は、その提案授業です。

4年生の授業は「総合的な学習の時間」です。テーマは「安全な町ヤンゴン、夢のプランを創ろう!」です。
これまでの授業で、ヤンゴンの町を探索し、町の課題を発見、そしてその課題を克服するためのアイデアを練りだし、国語の時間で新聞にまとめました。
その新聞の内容をJICAのヤンゴンの町づくりの担当官や保護者にも、ポスタ―セッションでプレゼンをしました。
その際に、JICAの方から絶賛のお褒めの言葉とともに、今後につながるアドバイスと、ヤンゴン市長にも伝えよう!とのご提案をいただきました。

今日の授業は、この市長訪問ができる、という目標に向けて、実現可能なアイデアを絞ることがねらいです。
これまでの確認と今日のねらいは

4つのグループが提案した内容を他のグループの子供たちが評価しあいます。
他のグループの提案をチェック

付箋に記入された他の子供たちの評価をもとに、グループ内で市長に提案する項目を絞り優先順位を付けます。
優先順位を付けたアイデアを、その理由とともに発表しました。
市長訪問は7月の予定です。
来月のヤンゴン市長訪問に備えて

愛するヤンゴンの町をもっとよくしようという子供たちの熱い思いが、市長さんにも伝わるに違いありません。

手前みそではありますが、ヤンゴン日本人学校の子どもたちは、「思考力」も「判断力」も身に付け、「表現力」も豊かに育っています。
スポンサーサイト