FC2ブログ

記事一覧

9月18日(水) ミャンマー発展の最先端 ティラワに行ってきました。

ヤンゴン日本人学校卒業後、いやもっと先の未来を考えるために、中学部3年生のキャリア教育として、ティラワSEZ(ティラワ経済特区)に行きました。
JICAのから今日のためにコーディネートをしてくれた方も一緒にバスに乗り込み、いざティラワへ。

ティラワSEZの開発はMJTD(日緬ティラワ開発会社)というミャンマーの政府と企業、さらに日本の政府と日系の企業が出資してできた会社が担当しています。
まずはその本部へ、そして社長とオフィスゼネラルマネージャーから、SEZの全貌と、成功している鍵を聞かせてもらいました。
キャリア教育の一貫ですから、お二人がなぜこのような仕事を使用と面高など質問をアブ狭したが、見事に答えていただきました。
ここでは、まだ工場は稼働していませんが、もうすぐ製品を作り始めるJFEスチールのCEOさんから、鉄ができるまで、どうしてミャンマーに進出をしたのか、などのお話を聞かせてもらいました。
mjtd.jpg

次に、今年の8月に運転を始め、メイドインミャンマーの製品を釣りだしたなかりのヤクルトの工場へ。
工場見学者に見せるおkとをも踏まえて作られた工場、なかなか洒落てきれいな工場です。
「ミャンマーの人たちの健康のためにここに工場を作り、製品を作っています。だから、当初は利益がないことを覚悟しています。」との頼もしい説明がありました。
MJTD、JFE、そしてヤクルトの人たちからのお話は「ミャンマーの人たちのために」という日本の国際貢献への熱い思いを感じました。
生徒たちも同じ思いをしたことでしょう。
sez.jpg


午後はフレンチスクールから先生たちの方もの受けました。校長先生はじめ4人の先生たちです。
来月から始まるクラスとの交流会の打ち合わせをしました。



スポンサーサイト